それぞれの名前
春間 美幸 著 (講談社)
チカとユカはふたごの姉妹。お互いの気持ちはよくわかるけど、なぜチカが千代田君を好きなのかユカにはわからない。
本の情報はこちら
ゴリラが胸をたたくわけ
山極 寿一 文 / 阿部 知暁 絵 (福音館書店)
ぽこぽこぽこ。ゴリラが胸をたたくのは、いったいなぜでしょう。アフリカで平和にくらすゴリラたちの記録です。
本の情報はこちら
影なし山のりん
宇佐美 敬子 作 / 佐竹 美保 絵 (学研)
ばけもの沼からきこえるふしぎな歌をきいたりんは、影なし山とお母さんを助けるために3つの光をさがします。
本の情報はこちら
狛犬の佐助[1]
伊藤 遊 作 / 岡本 順 絵 (ポプラ社)
あけの神社のこま犬には佐助のたましいがやどっています。ある日石の体から佐助は抜け出してしまいます。
本の情報はこちら
子どもに語る中国の昔話
松瀬 七織 訳 / 湯沢 朱美 再話 (こぐま社)
中国に伝わる七夕のはじまりを知っていますか?中国を代表する昔話が、17話入っています。
本の情報はこちら
大きなたまご
オリバー・バターワース 作 / 松岡 享子 訳 (岩波書店)
ネイトの家の、めんどりが産んだ大きなたまごから出てきたのは、恐竜のトリケラトプス。少年と恐竜の素敵な友情物語。
本の情報はこちら
すし食いねえ
吉橋 通夫 著 (講談社)
すし屋台でおとっつぁんを手伝う豆吉は若ざむらい文四郎と知り合い、彼が江戸へ来た目的の手助けをすることになります。
本の情報はこちら
お船が出る日
小林 豊 文・絵 (岩波書店)
船が好きで、いつか海にでたいと思っている海太郎の物語。外国の雰囲気を感じる約400年前の長崎が描かれています。
本の情報はこちら
東京駅をつくった男
大塚 菜生 著 (くもん出版)
東京駅は、今から約100年も前につくられました。その設計に夢と人生をかけたひとりの建築家、辰野金吾の物語です。
本の情報はこちら
不思議な尻尾
マーガレット・マーヒー 著 / 山田 順子 訳 (東京創元社)
トムの周りで不思議な事がおこります。犬のネイキーが、人の願いを現実にする魔法の尻尾を持っていたからです。
本の情報はこちら