くじらのあかちゃんおおきくなあれ
神沢利子 文/ あべ弘士 絵(福音館書店)
まんげつの日に、ざとうくじらの赤ちゃんが生まれました。お月さまに見まもられながら赤ちゃんは大きくなります。
本の情報はこちら
まるごとごくり!
シンシア・ジェイムソン 再話/ アーノルド・ローベル 絵/ 小宮由 訳(大日本図書)
おじいさんとおばあさんが土ぐうをつくりました。すると土ぐうはうごきだし、「なにかくわせておくれ」といいます。
本の情報はこちら
たまごのなかにいるのはだあれ?
ミア・ポサダ 作/ ふじたちえ 訳(福音館書店)
いろいろな生きもののおかあさんがたまごをたいせつにまもっています。どんな赤ちゃんが生まれてくるかな。
本の情報はこちら
ウォーリーと16人のギャング
リチャード・ケネディ 文/ マーク・シーモント 絵/ 小宮由 訳(大日本図書)
おとなもこわがる16人のギャングをあいてにちびっこウォーリーがたった一人でしょうぶをしかけます。
本の情報はこちら
ぼくのたからもの
鈴木まもる 作(アリス館)
いえの木にメジロのすをみつけたジュンは、じぶんのいえの赤ちゃんとメジロのヒナをかさねて見るようになりました。
本の情報はこちら
地球のみえないところをのぞいてみたら
てづかあけみ 作・絵(PHP研究所)
わたしたちのすんでいるちきゅう。見えないところはどうなっているのか、さがしに出かけよう。
本の情報はこちら
キリンのセラフィナ
ロラン・ド・ブリュノフ 作/ 石津ちひろ 訳(BL出版)
おばあちゃんのたんじょう日ケーキをやくためにキリンのセラフィナとなかまたちのゆかいな大さわぎがはじまります。
本の情報はこちら
だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ
安房直子 作/ ひがしちから 絵(偕成社)
友だちのいないだんまりうさぎの家に、ある日とつぜんやってきたおしゃべりうさぎ。二人は楽しい時間をすごします。
本の情報はこちら