HOME >> ブックスタート

ブックスタート

ブックスタートとは?

やさしい語りかけは、赤ちゃんの言葉と心をはぐくみます。
文京区では、子育て支援の一環として「ブックスタート」を実施しています。「ブックスタート」は、肌のぬくもりを感じながら言葉と心を通わす、そのかけがえないひとときを「えほん」を介してもつことを応援する運動です。
1992年に、イギリスのバーミンガムから取組が始まり、文京区では2002年(平成14年)から、はじまりました。
NPOブックスタートのホームページはこちら→
(ロゴをクリックしてください。)
ブックスタートロゴ

いつ、どんなことをするの?

ブックスタートイメージ

保健サービスセンターで実施されている4か月児健診時に、赤ちゃんにおすすめの絵本などが入っている「ブックスタートパック」をメッセージや説明を添えながら図書館員が手渡します。
赤ちゃんへの読み聞かせや、読書相談もいたします。
4か月児健診を受診できなかった場合は、お近くの図書館までご相談ください。(1歳未満のお子様が対象です。)

としょかんとなかよしとは?

としょかんとなかよしバッグ1歳6か月を迎えたお子様を対象に、絵本「11ぴきのねこ」のイラスト入りの「バッグ」「絵本(4冊の中から1冊選ぶ)」「おすすめの絵本のリスト」(写真参照)をお渡しし、絵本の読み聞かせや読書相談などの楽しい催しを行っています。
該当するお子様には、保健サービスセンターを通じて、オレンジ色の招待状をお送りしています。
ぜひ、お近くの図書館へ、お子様とご一緒にお出でください。

日時:毎月第3日曜日(真砂中央・本駒込・目白台・千石各図書館)
       第4日曜日(本郷・小石川・水道端・湯島各図書館)
    午前11時から30分程度
会場:区内各図書館(根津・大塚は除きます)
対象:1歳6か月のお子さんに届く、保健サービスセンターからの健診のお知らせの中に招待状が入っています。母子手帳と共に、この招待状をご持参いただき、2歳のお誕生日までに「としょかんとなかよし」にご参加ください。「としょかんとなかよし」にご参加できない場合は、お近くの図書館にお問い合わせください。